秋山製作所 シャフト・クランクシャフト製造 まるく削るプロフェッショナル
 
サイトマップ お取引について お問い合わせ
トップページ 品質へのこだわり 匠の技:技術情報 逸品:製品情報 実績:解決提案 充実:設備情報 会社案内
 

トップ > 会社案内 − 現場の叫び〜社長と社員の声〜

 
 
現場の叫び〜社長と社員の声〜

2005.09.14
近頃の日本に思うこと
ひさしぶりの更新だ。
衆議院選挙も終わり、街に静けさが戻ってきたこの頃だが、こうなるとオレの腹具合が悪くなるのはどういうわけなのか?

事の発端は、郵政民営化。中曽根参議院議員の決断があり、それに従った数名の議員の反対票により否決され、衆議院の解散総選挙となったわけだ。

その反対票を投じた中曽根議員、衆議院選挙の結果を受けて今度は賛成にまわるという。「はあ〜」って声しかでない。まあ、彼の父上も今では偉大な総理経験者という肩書きだが、オレの記憶が確かならば「風見鶏」と言われていたと思う。そりゃあ、父親が風見鶏では、息子も風見鶏だろう。首相まで勤めた親の地盤を受け継いだ2世議員のくせに参議院議員でいるということからして、コヤツの能力が推し量れると言うもの。まったくこんな記事を書いていると余計にムカついてきた。
国の最高意思決定機関の二院制というものをどう理解しているのか?

そういえば、反対票を投じた自民党参議院議員のお歴々がよく口にしていた言葉がある。
「参議院の良識が守られた」
これを聞いた第一印象は情けないの一語につきる。
市町村議員から国会議員まで共通していることが一つだけある。それは、有権者の代弁者だということだ。「俺の考えはこうだ。こんな政治をやりたい。こんなまちをつくりたい。こんな国にしたい」等々の政治的思想を地域に問い、より多くの賛同者を得た者だけに議員バッチをつけた政治活動が許される。

堂々とテレビで良識うんぬんと語る人はきっと、選挙のときに、「俺の考える参議院とはこうだ。参議院の良識とはこうあるべきだ」と訳わからん政治公約を掲げて当選したのだろう。そうでなければ有権者の代弁者たる責務を全うしているとは言えない。

首相が嫌いだから、政治手法が強引だからと言う先生方。いつから学級委員長になったんだ。国の将来を見据えた意見を聞きたいんだよ。あんたのネタミはどうでもいいんだ。

法案の中身がまだ国民に浸透していないと言う先生方。どんな法案であれ、国民は理解していないよ。いつもあやふやに決めているじゃないか。今日の国民の理解より明日の国民生活を守るのが政治だろう。あんた政治家失格だよ。

まったくどうしてしまったのだろう、我が国家は。
国民の総意を大切にするというのも理解できるし、守らなければいけないことだが、国民はすべての情報を提供されて充分に検討した上で判断しているわけではない。そんな民意よりも、それを職業とし、その道のプロフェッショナルであるべき政治家が国を良かれと思う方向へ導くのが必要なんだと思う。それこそが政治の役割だと。

戦後60年、自民党が何もしてこなかったような言い方をする政治家や評論家も多数いるようだが、彼らが60年間身体を張って日本という国家を守ってきたから今の繁栄した姿があるのだと思う。政治が情けないからワイドショウに出たり、話題になったりするのであって、本来、知らないところで、粛々と進められるものなのではと思う。インターネットの発達により情報をコントロールできないという時代背景もあるのだろうが、今一度政治家の頑張りに期待したい。

ところで、ライブドアの堀江社長。先日選挙後の特集テレビで政治家を目指すならトップを目指すと言っていた。そして彼なりの国家観も披露していた。それは、「日本国は商人に徹しろ」というものだった。「諸外国から何を言われても、ウチの国は商人ですから難しいことはわかりません」って言いながら商売に徹すればいんですよと。
いやあ、広島6区の皆様は、えらい。こんなバカを政治家にしたりすればとんでもないことになるところだった。彼がどんな商売をしようが他人が口をはさむところではないが、政治となると話が違う。彼こそ、靖国の英霊たちの声を聞く必要があろう。

ひさしぶりに書いたものだからものすごく長文になってしまった。最近、記事の更新が無いと苦情もあったので、それではと書いてみたが、ふう〜って感じだ。


 

 



サブメニュー

  ポリシー(品質最優先)
  会社概要
  社長プロフィール
  過去ログ〜社長のつぶやき〜
  現場の叫び〜社長と社員の声〜
  メディア取材・講演等
  リンク集