秋山製作所 シャフト・クランクシャフト製造 まるく削るプロフェッショナル
 
サイトマップ お取引について お問い合わせ
トップページ 品質へのこだわり 匠の技:技術情報 逸品:製品情報 実績:解決提案 充実:設備情報 会社案内
 

トップ > 会社案内 − 現場の叫び〜社長と社員の声〜

 
 
現場の叫び〜社長と社員の声〜

2004.10.11
秋といえば運動の秋でしょ
てっちゃんです。

秋といえばやっぱ運動の秋ですね、昨日は、愛娘の通う幼稚園の運動会でした。
役員さんを務めるママは、前日から準備に大忙しみたいです。明日のお弁当がどうだ、役割がどうだって近づきがたい状況です。東京から応援にきたおばあちゃんもお弁当、間に合うかなって心配そうで。おいらは台風22号の動向を逐一ママに報告しながら開催か中止かに気をもんで、中止となれば来週に延期。来週は大阪へ出張予定で運動会までに帰って来いって言われているし。

まあ当日は晴れないまでもなんとか雨は大丈夫そう。中止の連絡も無いので一安心。ママは6時半には出かけちゃうし、おばあちゃんはお弁当と戦っているし、暇なのはおいらと娘だけ。朝から一通り遊んでから余裕を持って出発。

幼稚園へ着くとママは準備で忙しいようで相手してくれないし、それでも場所取りではダッシュしたらしく最前列が確保されている。(すごいね、うちのママは。)結局、開演まで娘と遊んでから、さあ開演。ここからがパパの出番です。娘の顔が写せる場所を確保して(こんな時身体がでかいと得です)ビデオ撮影。開会宣言から国旗掲揚、聖火点火式、選手宣誓とオリンピック顔負けのプログラムが並んでいる。こんなに撮影できないよってガマンのないパパとこんなにじっとしていられないっていうガマンのない娘。(ママいわく、落ち着きの無さは幼稚園一だとか、父親のDNAらしいっす)

それでもプログラムは進行し、全体のお遊戯の時間。堂々と撮影していたおいらの横腹を突っつく人あり、見るとウチのママ。「パパ、ここまずいよ。どかないと怒られるよ」なんだよ誰もいなくて特等席だったのにって思いながら席の移動。まあ今まで怒られなかったのが不思議なくらいの場所だったからしょうがないか。(ちなみにおいらが居たのは、入場門横の用具入れテントの中。周りでは色々運んだり、運び入れたり忙しく、確かに邪魔でしたなあ)

競技も進み、次は娘のかけっこ。「まどか〜負けるな〜、頑張れ〜」って心の中で叫んで。実はビデオ撮影していると声も出せない。っちゅうか画面しか見ていないので競技そのものも見えない。結果は4人中3着だったらしい。それでも最後までちゃんと走れない園児が多い中、最後まで走っていました。おばあちゃんは隣の子がフライングしたと怒ってましたが。ママはゴールテープの担当で「まどちゃんの組だけ、レベルが高くて3着だけどよく頑張った」って褒めていました。

そのあとの「アイスがとけちゃうぞ」ってリレーでは、いつもの笑いながら走るクセがでて、キャッキャって叫んでいました。そしてとうとう午前中の華(我が家の)、親子のり巻き競争。親が子供を海苔に見立てた黒い布で巻いて、ダッコして20m前方のポールまで走って帰りは親子で手をつないで走ってくるというもの。父親としては、いつになく真剣に走りました。ポールまでつくと娘は父親を置いて走り始めてしまうという多少のアクシデントはあったものの、ものすごく速かったらしい。(こう見えてもその昔は、有名サッカープレーヤー?でしたから、私)

昼食をはさんで午後の競技が始まり、いよいよ今日のクライマックス(我が家の)クラス対抗つなひきです。体型だけはプロレスラーのようなおいらは、みんなから頼みますよって言われ、つなひきのエースともいうべき最後尾。右腕を高々と上げて「まけしとけ、絶対に優勝しようぜ」って意気盛ん。横で見ている娘はウチのパパって最高みたいな顔していました。ウチのクラスの応援団長はなんとママ。マイク片手に熱弁をふるっています。それに対しても右腕を上げて応えるおいら、う〜んこの運動会は我が家のためにあるようなもんだって、今思えばこの時が最高の時でした。相手はひょろひょろとした人ばかり、楽勝だぜって望んでみると。えっこんなはずじゃ、おいおいなんでっていうほど負けちゃいました。横で応援していた娘は「パパ、どうして負けちゃったの?」返す言葉も無かったです。まあ敗因をあげるとすれば、うちのチームは年少組。相手は年長組。しかも第1戦だった。次の試合とか見てると、やっぱ大切なのは呼吸を合わせるということ。負けるチームは引っ張れらると、呼吸を乱して引っ張ろうとするので余計に引っ張られてしまう。それにしてもすんごい悔しい。12月に自宅の近くにスポーツジムがオープンするので来年までに筋トレしておこうと思う、それくらい悔しい。

ちなみに娘は、席についてからも、帰りのクルマの中も、夕飯のときも、いっしょにお風呂に入っているときも、寝る前のお布団のなかでも、何度も何度も「パパ、どうして勝たなかったの?なんで負けちゃったの?」って訴えていました。「娘よ、来年は必ず勝つからな」って寝顔に誓いました。来年は9月くらいから合同練習だっていきり立つ単細胞なパパでした。

ちなみに、つなひきって身体中痛くなるのね、腕、首、背中、腰、太ももと痛くないところを探すのが大変なくらい痛いです。

 

 



サブメニュー

  ポリシー(品質最優先)
  会社概要
  社長プロフィール
  過去ログ〜社長のつぶやき〜
  現場の叫び〜社長と社員の声〜
  メディア取材・講演等
  リンク集