株式会社秋山製作所
シャフト・クランクシャフト まるく削るプロフェッショナル
サイトマップ 採用情報 よくある質問 お問い合わせ
トップページ 品質へのこだわり 匠の技:技術情報 逸品:製品情報 実績:解決提案 充実:設備情報 会社案内
 
トップ > 匠の技・技術情報 − 円筒研削技術  
 
円筒研削技術

世界最高レベルの品質保証を実現しています!

〜外径寸法:5μ、真円度2μ、表面粗さ:0.8Sの精度を保証〜

シャフトやクランクシャフトの軸径で、摺動部や、はめ合いの部分では、高い精度な寸法や表面粗さを要求されることがあります。

要求精度によっては、旋削にて仕上げてしまう場合もありますが、多くの場合には、円筒研削という加工法を用います。

円筒研削では、加工物を両側のセンター支持で保持して回転させ、加工物の表面を高速で回転させている砥石で削ることにより、高い精度の寸法精度と滑らかな表面をつくることができます。

円筒研削は、加工物の形状によって、砥石を左右に動かしながら研削するトラバース加工と、砥石を加工物に直角に当てるプランジ加工とに大別されます。加工物が段付きだったり、シール部だったりする場合には、プランジ加工にて加工します。プランジ加工では、外径と端面を同時に加工するアンギュラ形のものもあります。

また、砥石を加工物の形状に整形してしまい、多くの段のついた箇所を1回の加工で仕上げてしまう、倣い整形加工があります。倣い整形には、NC装置で整形する場合とテンプレートを使用する場合の2種類があります。倣い整形加工は、工程を集約することができるので、量産品の加工に向いています。但し、専用の砥石やテンプレートを用意する必要があるため、少量品には向きません。

当社では、以上のような加工技術を組み合わせて、外径寸法で5ミクロン、真円度・円筒度で2ミクロン、表面粗さでは、0.8Sの精度を保証しております。

また、必要に応じて、表面の磨き工程を入れることにより、0.8S以下の鏡面仕上げにも対応しております。

▼加工可能範囲や材質、製作実績などは以下をご覧ください。

■外径
  Φ15〜Φ100mm
■全長
  70〜500mm
■重量
  1製品あたり最大15kgまで
■材質
  FC材、FCD材、炭素鋼、合金鋼、ステンレス鋼
■形状
  センター穴があるものすべて
■製作実績
  • 模型エンジン用クランクシャフト
  • 自動車エンジン用クランクシャフト
  • バイクエンジン用クランクシャフト
  • 産業エンジン用クランクシャフト
  • 産業用コンプレッサー用クランクシャフト
  • 車載用コンプレッサー用クランクシャフト
  • 空調機器用コンプレッサー用クランクシャフト
  • 産業エンジン用バランサーシャフト
  • 油圧モーター用シャフト
  • 油圧ポンプ用シャフト
  • 電動モーター用シャフト
  • カーエアコン用コンプレッサー用シャフト

など。

※円筒研削加工、複合加工のご相談、ご用命はお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

 

写真 写真 写真
CBN砥石による
クランクシャフト研削加工
ストレート形円筒研削加工

アンギュラ形円筒研削加工

 

動画「クランクシャフト・シャフト加工」
動画「品質保証体制」


サブメニュー
  円筒研削技術
  クランクシャフト加工技術
  複合加工技術
  歯車、ギア、スプライン加工技術
  長穴加工技術
 

 
ISO14001&9001認証取得

ISO9001,ISO14001認証取得